お友達紹介キャンペーン

201812/4

オーナー:COVACO.owner.kt

薪ストーブ season in!

先月の13日に我が家の薪ストーブの初火入れを行いました。

その前に薪を置くスペースを何とかしなければ!

というコトで突貫工事で薪棚をD.I.Y(ドュー・イット…何ちゃらww)

ホームセンターでツーバイフォーの10フィートを2本と

パイン材の垂木を4束ほど購入してチャチャッと組み立て

屋根はプラ段を使い直接ビス留め

ラスティックさんお薦め自然素材の防腐塗料をヌリヌリして

テキトーだけど2万円チョイの費用をかけて3日で完成させました(*^^)v

そのまま急いでラスティックさんまでクルマを走らせ軽トラ1台分の乾燥薪を回収に向かいます(*´Д`)

「薪ドロボーはお前かぁ~」

まだハロウィンの時期だったんですね(^_^;)

この薪棚1区画で2トン(3万円)分の薪がありますので、半分だけ分けて頂きます。

軽トラが無いので普通にミニバンに積んで帰りましたww

オンボロのクルマなんで余裕っす(´Д⊂ヽ

結果1トンで薪棚1/4しか埋まりませんでした(*´Д`)

しかし、翌日 嫁さんの薪活営業で市内最大手の製材所から廃材を分けて貰うことに成功!

満載で2往復の大量ゲット♪

でかした我が妻よ(*´▽`*)

何とか今年中は保つ量にはなったかな?

薪棚と薪の準備が完了したところで悪魔のDMが届きました…

「お前の欲しがってる絨毯の展示会をするぜ」👹

岡山の山中で出会ってから10年くらい脳裏を離れず、ずっと憧れ続けていたギャッベです。

もうね、ホイホイされに出向きましたよ(*´ω`)

展示会には何度も出向いて知識は身に着けています。

こんなに可愛いデザインで遊牧民族が毛糸1本1本 手織りで半年もかけて作る、他に同じものが無い正に一点物です。

なので、お値段は全然可愛くない!(>_<)

やっべぇ…鼻水出るわ(*´Д`)

やっぱ薪ストーブにはギャッベが似合うよね♪ 3cmの厚さはフカフカの極致です。

お前も気に入ったのか?そこでオ〇ッコするなよ…(*´ω`)

 

そして11月13日(吉日)

程よく涼しいお天気に恵まれラスティック・クラフトの社長さんを迎えて「初火入れ」の儀式を行いました。

使い方の説明と注意事項を真剣に聞くワタシww

いざドブレRock350に点火!

エエ感じです(≧▽≦)

初火入れではあまり温度を上げずに「慣らし運転」に留めて不具合が無いかをチェックして頂きます。

問題が見つからなかったので、無事に「品質保証書」にサインを頂けました(*^^)v

煙突からもほとんど煙が出ていません。

完全燃焼している証拠です。

うっとり熾火を眺めながらビールで祝杯をあげました。

そうそう、ニトリで廃版になってた丸太スツールを発見したので確保して帰りましたよ。なかなかリアルにできていて座り心地も良く、すっかりお気に入りです(#^^#)

 

23日には九州と広島のキャンプ仲間が集まって新築祝いをしてくれました。

キャンパーなので、もちろん庭にテントを張りますよww

通称「シロクマ」ノルディスクのレイサ6を芝生に設営♪

ちょっとデカ過ぎたかな?( *´艸`)

寝床も確保できたので、お世話になったBinO松江のスタッフさんもサプライズ・ゲストに迎えて薪ストーブ全開で28℃の爆熱パーティーを楽しみました。

詳しいレポはスタッフblogで紹介して頂いてます(*^▽^*)

確かに薪ストーブって贅沢品だし、タダで薪を確保できなければエアコンよりも維持費がかかると言われています。

事実その通りなんですが、それ以上の価値として人は本能的に炎を見て癒され、火の暖かさに安らぎを感じるのだと思います。

だから、薪ストーブがあると「人が集う」ようになります。これは何物にも代え難い価値ではないかな?

先日も職場の仲間が集まってパーティーを楽しみました。COVACOに薪ストーブを導入して本当に良かったなと つくづく実感している毎日です。

立地や予算などの制約はあると思いますが、もしも薪ストーブの設置に迷われているのでしたら「シアワセになれるよ」と背中を押してあげたいです(*^^*)